ブルーベリー狩り
スポンサード リンク

通路が芝生で気持ち良さそうな小林観光ブルーベリー園

 鳥取県大山町の小林観光ブルーベリー園がオープンしました。小林観光ブルーベリー園の通路は、芝生となっており、気持ち良さそうです。通路が芝生になっているブルーベリー園があることは、私は始めて知りました。調べてみたら、同じ町内の地頭農園も芝生でしたが、芝生はかなり珍しいと思います。小林さんは、長年、芝生の生産をしていたそうなので、ブルーベリー園を芝生にできたのでしょう。

小林観光ブルーベリー園

地頭農園

 通常、ブルーベリー園では、通路は有機物によるマルチで、バーク、チップ、オガクズなどが使われます。
 ブルーベリーは根が大変に浅いので、草生法では、ブルーベリーと水分や養分の競合が生じるため、草生法のブルーベリー園は少ないです。
 小林観光ブルーベリー園の写真を見ると、芝生の中には雑草が混じっていません。観光客にとっては、素晴らしい環境だと思いますが、芝生の管理はどのようにしているのでしょうか?こんなに広い農園ですから、雑草を手で一本づつ抜くとは思えませんので。

 鳥取県の大山周辺の土壌は、火山灰などがたい積した酸性土壌となっており、ブルーベリー栽培に適しています。大山の北側の大山町と南側の江府町がブルーベリー産地として有名です。
posted 2007年06月26日 | Comment(0) | ブルーベリー農園
お名前: [必須入力]
ホームページ:
コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。